スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今年に入ってまだ2件目の記事です。

前回の記事で私の祖父の話を少ししたのですが、2015年1月22日のお昼頃に祖父が入院している病院から電話がかかって来て、「祖父の容態が急変したので、なるべく早く病院へ向かってほしい」と連絡がありました。

親父と母と私の3人で速攻で車で病院へ向かいました。

病院へ着いてナースステーションへ顔を出すと、祖父の様子を先に見るか、先生の話を聞くかどちらにしますか?
と尋ねられたので、私たち3人は先に祖父の様子を見る事にしました。

病室へ入ると、酸素マスクをつけてベッドへ横になっている祖父が居ました。
酸素マスクをしているにもかかわらず呼吸は荒々しく、下顎呼吸(かがくこきゅう)と言う
口を金魚の様にしきりにパクパクと動かす呼吸法をしていました。

ベッドへ横になって眠っている姿はいつもの事でしたが、このような呼吸をしているのは初めて見たし
あきらかに普通ではないと思ったのですが、とりあえずいつも会いに来ている時の様に「お爺ちゃん」と声をかけてみました。

いつもなら寝ていても目を覚まして私を見つけると「おお!」と言って喜んでくれるのですが
今回は何度呼びかけても苦しそうに呼吸をしたまま目を覚ます事はありませんでした



呼んでいるうちに声が震えて来て、何故か自然と涙があふれてきました。
同時に血の気が引いてきて、一瞬クラッと真っ暗になったような気がしたのですが
看護婦さんの「先生がいらっしゃったので、こちらへ来てください」と言う言葉で意識を保つ事が出来ました。

先生は色々と説明してくれていたのですが、耳には入ってくるものの、頭にはあまり入ってきませんでした。

分かった事は、「現在何とかと言う薬を投与しているのですが、効果があるかはわかりません。
運が良ければ助かるでしょう。 覚悟はしておいてください。 合わせたい人が居るならすぐに連絡した方が良いです。」

いつかは聞くセリフだと思ってはいたのですが、とうとうこのセリフを聞いてしまいました!


先生の話が終わり、母は何人かの親戚へ「祖父が危篤なので会いに来るように」と電話をしていました。
あとは祖父が亡くなる前に皆が会えることを祈って待つばかりです。

1時間程たった頃でしょうか?
ぽつぽつと親戚が集まりだしてきて、祖父へ面会しました。

ここで一人お約束なのでしょうか?
祖父を見て「どこが危篤なんだ! 誰が危篤だって言った??
何を思ってどんな気持ちで言ったのかわかりませんが、わめき散らした親戚が来ました

私は首を絞めてやろうか なんて事は思いませんでしたが
その親戚を看護婦さんが一所懸命なだめたのでその場は収まりました。


ずっと居ても仕方がないので、私たちは薬が効く事を祈って帰る事にしました。
もしかして夜中に亡くなったと言う電話が来るかもしれないと思いからか
なかなか寝付けずにいたし、眠ったとしても何度か目が覚めてしまって良く眠れませんでした。

で、結局連絡が来ないまま翌朝を迎えました。


2015年1月23日。
朝から病院へ行きました。
祖父は相変わらず目を覚ましませんでしたが、とりあえず生きてました。
どうやら薬が効いたようです。
しかしこの日も祖父は目を覚ます事無く私たちは帰宅しました。


2015年1月24日。
この日も朝から病院へ行きました。
なんと!
一瞬ですが、私の呼びかけに答えて祖父が目を開けてニコッっと微笑みました
私はその後帰宅したのですが、母と親戚の叔母さんは病院へ残って看病しました。
私が帰ったあとも祖父は何度か目を覚まし、笑って話をしたそうです


2015年1月25日。
この日も朝から病院へ行きました。
私が呼び掛けると何度か目を覚まし、ニコッっと微笑んでくれました
今日も母が病院へ残って看病しています。
関連記事




コメントの投稿

非公開コメント

No title

( )/!ーロハ ンッ( ・) コッチダ!(^ー^)/ハロー!!

今日お祖父さんの所へ行って来たかぃ?
私は、首が(寝違い??)重くて辛いよ~~v-406

ねぇねぇ… Σ(゚ω゚) ヒロさん 掲示板に来ないけど
ダンベルが頭に落ちて【*;+スゴスギィイィ!!!+;*】*゚゚Д゚゚))ノ 今 頭を鍛えてるのかな??

あのさぁ 芋は、好きになったけど
芋焼酎は、飲めませんv-394
私は、オサレは、サワーがええんだよi-281

No title

(*´・д・)コン(´・д・`)バン(・д・`*)わぁ―!!

hideしゃん お疲れ様
わざわざ 大変な時に報告をありがとう<(_ _)>
母方のお祖父さんなのですね
ちょっと持ち直して良かったね

4年前に 私の祖母の危篤の知らせで実家に帰ったのを思い出します(泣)
結局 意識が戻らず亡くなってしまったけれど
はじめて 親族の死に目に会えました。
母の時も祖父の時も間に合わなかった
何故か 祖母の時は、間に合う自信があったのです(私と祖母は、深く繋がって居ると思っていたから)

ひでしゃん お父さんの食べ過ぎを見張り
お母さんを助けてあげてね

自身の体調の管理も 勿論忘れることなくv-218

…いつも 真面目な私は、今日は、更に真面目にコメントしてしまいました。
ひでしゃん 後悔ないように やるのだよ。

カウンター君FC2
プロフィール
カテゴリ


マクロミルへ登録





最新記事
リンク


新規モニター登録







最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。